アスリートのためのオルガノ・リフレ

img_athlete

オルガノ・リフレの元になっているのは、アプライドキネシオロジー(応用筋肉運動機能学)ですから、本来はスポーツの分野を一番得意としています。

ハードなトレーニングをしている人ほど、内臓のケアを見落としがちです。

内臓のケアとは、単に食事に気を付けることではありません。

内臓と筋肉は密接につながっていますから、内臓の疲労や負担が、同じような食事をし、同じようなトレーニングをしても必要な筋肉を作り、関節や筋肉が存分に動くことのできる状態かどうかを左右します。

内臓に疲労がたまった状態で動いているのは、筋肉に余計な負荷をかける見えないウェイトを付けて動いているのと同じ。

オルガノ・リフレは、そのウェイトを外し、本来の力と能力をフルに発揮できる状態をつくることが可能です。

【飛距離を伸ばしたければビールは我慢!?】~オルガノ・コラム:アスリート編

img_golfゴルフを始め、野球やテニスなど腰のひねりや腕のふりを良くする、可動域を広げるということはパフォーマンスアップの重要なポイントです。
この「腰のひねり」「腕のふり」に関連するのが広背筋。そして、広背筋と深くかかわっているのが膵臓です。
ビールの飲み過ぎは膵臓にとっては負担。膵臓に負担がかかれば、広背筋も弱化しパフォーマンスを左右します。
終わった後の一杯も楽しみの一つかもしれませんが、ほどほどにしておいた方がスコアは期待できるかもしれません。
もちろん、膵臓に負担をかけるのはビールだけではありません。
気になる方はぜひ体験して、違いを実感してみてください。

-オルガノ・リフレによって改善が期待できること-
筋力の強化 / 弱化した筋肉の回復 / 筋肉の可動域の回復 / 怪我の予防とリハビリ / 体幹・下半身の安定 / 重心バランスの調整 / 骨盤のバランス調整 / 股関節骨盤調整法 / 筋力テストの手法 / 用途(動き)に応じた筋バランスの調整(上肢から下肢まで全て)/・・・など

施術・講座で用途ごとに「セルフケア」と「人に施す」手法を習得することができます。
パフォーマンスアップに有効な栄養と食生活を学ぶこともできます。
(※オルガノ・リフレを通じてアプライドキネシオロジー(=AK)の手法を学ぶことができます)

トレーニングをしっかりしてもなかなか筋肉がつかない方。怪我が多い方。

筋肉のリフレポイントにシールを貼ると、筋肉のリンパの流れが促進されて瞬時に可動域が回復します。

同時に、弱化した筋肉が強化され、本来のパワーを出すことが可能となります。

【複数の筋肉を同時に】強化し、【複数の筋肉の可動域が同時に】回復しますから、スポーツにおけるパフォーマンスがグッとアップします。

リフレポイントを上手く使えば、重心バランスの調整、骨盤調整も可能です。

怪我の予防や、リハビリにも効果的です。実際に、治癒までの時間が短縮された例があります。

その秘密と原理は、体験したら分かります。

ぜひご体感ください。

button_adviser button_study